P15

成績低迷高校生・高卒生の東京大学「一発逆転合格法」

「一発逆転合格法」とは

あなたは高校時代の成績が悪いので東大受験をあきらめよう考えたことありませんか?
高校時代の成績が悪いので、大学受験をあきらめようとしていませんか?

チョット待ってください!
東大の受験断念を決める前にできたら次の文を読んで見てください。読んでから決めても決して遅くないのですから。

どんなに上位の(進学)高校でも、高3生の下位3分の1ほどは、大学受験そのものが厳しいという現実があるのを、あなたは知っていますか?

少なくともあなただけではないのです。これらの人にとって大学受験は大変大きな壁となって立ちはだかっています。そしてその原因もわかっています。

原因は簡単です。ほとんどの人の場合、要は高校に入学してから(人によっては中学から)ノンビリしたツケが回ってきているということなのです。

わかりやすい例として、学力の蓄積の量を学力の貯金に例えて説明してみます。学力不振のあなたは、現在貯金ゼロの状態です。もしかしたら(かなり高い確率で)借金生活に陥っている可能性もあります。

学びの積み立ての必要性は誰もが疑問をはさむ余地のないことですが、実際問題として、どうしたら学力の積み立てが出来るかということ関しては、先ずは借金を返さなければなりません。

いくら学力の貯金をしようと思っても、ちょっとやそっとの勉強では借金の返済だけで終わってしまい、貯金には至りません。貯金にならないと、学力に対する手ごたえを感じる人なく、なかなかモチベーション(やる気)も上がりません。

逆に貯金のある人は、ふだんの学習における手ごたえだけでなく、模試等の結果で達成感、充実感などの喜びが湧き、自然にモチベーションはあがります。そしてますます貯金が増えてくるのです。

方や借金のある人は、借金がなかなか減らないどころか、更なる悪い状況に追い込まれてしまう場合があります。

それは、借金には、金利が付くということを理解していない場合です。そして借金返済ではその金利も払わなければならないからです。少ない勉強量ではその金利にもならないのです。

ここで更に貯金のある人との差が開くのです。借金の人は落ち込み、貯金のある人は更に飛躍していきます。貯金のある人は借金の金利とは逆に、貯金の金利をもらえるのです。だから実際の勉強量以上に貯金が増えてしまうのです。(笑いが止まらないのです)

ですから、ハッキリと申し上げます。学力の貯金ゼロの人、借金の人は大学に合格はできません。学力の借金をまずは返してください。

特に、こんなケースの人はご注意ください!

・高校1年入学時から成績が下位であったために、長期間授業について行けず学校の授業の理解が未消化になり結果として学力の積み残しを多数残してしまったため、大学受験に必要な基礎学力の積み重ねもまったく出来ていない。

→高校入学時に貯金がないケース。高校入学時に既に借金を抱えている場合も。

・高校合格後、2月・3月・4月はのんびりしてしまった(遊んでしまった)ため、高校1年生から成績は揮(ふる)わなかった。

→高校入学時に貯金がないケース。

・高校1年入学時はますまずの成績でスタートしたが、1年の9月・10月学校の定期試験で予想外の苦戦。(場合によっては本人と保護者の呼び出し。)

→高校入学時にあった貯金で夏前は凌(しの)いだもの、入学後に貯金をしなかったので、貯金が底を尽き、場合によっては借金生活に入ってしまったケース。

・高校3年生は何とか進級してきたが、大学受験に必要な体系的な学習がなされていないため、模試の成績が芳(かんば)しくない。

→高校入学時にあった貯金と入学後に貯金は減らさずきたが、大学受験に必要なまとまった資金(貯金)には足りないケース。

これらのケースではほとんどの場合予備校に行っても授業はついて行けず、浪人しても東京大学はもとより、マーチ大学レベルの大学にも合格するのは非常に難しいのが現状です。

特に、浪人して予備校に行っても、上記の置かれている状況を払拭(借金の返済の後、まとまった学力=資金の貯金)しないと、さらにこじれた状況に追い込まれてしまいます。これは、ウェルズは2浪・3浪で泥沼にしまった受験生を何度も見てきたから申し上げられるのです。

でも、それらの二浪・三浪の人が泥沼からはい上がり、復活する姿、合格して喜ぶ姿を何度も見てきましたので、必ずや借金生活から大きな貯金をできた人になれることを確信出来るのです。上記の状態の払拭ができれば総て解決するのです。

東京大学受験 家庭教師の無料体験

家庭教師、教職員、講師の紹介のみを専業とし42年の実績と自信を持って紹介いたします。
家庭教師と一緒になって勉強してくれない方への紹介は致しません。単に入学するまでの学力錬成ではなく、東京大学へ入学後も大学より求められる実力、見識をしっかりと身につけていただくためのサポートをいたします。
プライバシーの保護には留意しています

あるいは、電話(0120-110-061、03-3259-8160)へ連絡ください。

問い合わせ:東京大学受験 専門家庭教師センター

TOP