P13

東京大学受験のちょっとしたコツ

東大文系のコツ

○英語は、直訳してから、意訳するのが大原則。

英文はまず直訳してそのあと意訳する。直訳がそのまま、日本語になればそれでよしですが、ほとんどの場合、直訳は日本語となっていません。解答の意訳ともズレがあるはずです。

なぜ、ズレが生じるか?・・・・それは、それぞれの(英語圏)国の人々の培ってきた文化、感性が違うからです。

ですから英語と日本語にズレがあるのは当然なことなのです。英語の直訳と日本語のズレ、そこを学習してください。なぜならそこが試験に出るからです。

英語の直訳は日本語になりづらいものですが、全部ダメなわけではないのです。日本語としてのズレ、解答の意訳とのズレがあることを当然と考え、意訳とのそのズレ、日本語としてのズレの部分の違いを確認し、あれこれ考えずに覚えてしまおう。(この方法が一番早い方法です)

これを繰り返せば、いつかは英語の達人になれる。難しいと思ってはダメです。

○英語の長文、古文は初めに日本語訳を見る。

英語の長文、古文が苦手な人は、最初に日本語訳を見てしまいましょう。日本語訳を見るのには、それほど多くの時間はかかりません。そして、頭に入った日本語訳を手がかりに英文、古文を見ていくと、意外と理解が早まります。

○英語が苦手なら、まずは100〜200の基本文例を覚える。

大学受験用の文例集、構文集から基本文例を100から200を空で言えるぐらい覚えてください。いままで手も足も出なかった英語でも、基本文例を覚えると、英語に対する考え方見方が変わってきます。そしてここから広げていくと英語が本当に得意科目となります。

○英語の力は単語の力。

極論ですが、英語の文章は、英単語がわかれば、あとはちょっとした文法力でおおよそわかってしまいます。英語の力=単語の力といってもよいものである。ですから単語の力をつけてください。

○英語はとにかく声に出して読む。

とにかく、英語は声に出して読みましょう。音読は英語を学ぶ上では絶対に必要なことなのです。

○社会の問題は解答解説を先に見る

社会の問題は少し考えてわからなければ、解答を見る。そしてそれを覚えることの方が学習効率は間違いなくよいものである。知識に関してあれこれ考えていても記憶があやふやであれば、なかなか思い出せません。むしろあやふやなものであると認識したら、解答・解説を見て、あやふやな知識を確実な知識にし、それを覚える。繰り返し覚える。繰り返すことによりあやふやな知識を確実な知識にする。これが受験勉強です。

また、教材をやり込む場合、問題を解く前に、問題集の問題、解答、解説をザーッと先に読んでしまうのも、効率よく進める方法です。教材を教科書代わりにまず読んで、全体の体系を理解した上で、各問題に当たることは有効な方法です。

東大理系のコツ

○解答を見る。解答の解説を納得する。

数学の難しい問題(難しくない場合でも同様です)で、問題の意味もよくわからない状態で、問題を見ただけでペンが止まってしまった場合はどうするか?

数学のような問題の場合、まったく手が出ない状態であれば、長時間考えても結果はまず同じです。いまのあなたにとって時間は大変重要です。ですから問題文を読んで現状では手がでないと思ったら、解答を見ましょう。見ちゃいましょう。そして、次回は絶対できると思えるまで解答の解説を納得してください。ただし、解答の解説を見ても理解できない場合もあると思います。
その場合、何度もその問題、その解説にチャレンジすることにし、わからなかったことにこだわらず次に進みましょう。また、問題集の中の同じような問題の解説を見たり、本屋さんで同じ問題を解説している別な問題集を探し、立ち読みしたりするなどして、その問題が解けるまでは、何度もチャレンジして見てください。すると、ある時スーッと問題が氷解する時が必ずきます。その氷解したときの気分は爽快ですよ。

また、数学も暗記教科だと断言する受験界のカリスマがおられますが、氷解する前に、まずは覚えてしまうというのも正しい学習法だと思います。問題の理解が出来ていないのに、その問題は解けるという状態が続くと、「ある時」氷解します。理屈は追っかけてくるのです。タイムラグがあるのです。理解に関して順番は逆ですが、時間は節約できる有効な方法です。

○単純化する。一歩進んでみる。

更に、問題を見ただけでペンが止まってしまった場合の解決方法として、1とか2とか3とかいう簡単な数字を入れられる問題はまずそこに入れてみて問題が意味するところを何とか理解するよう試みる。(単純化)

そして、とにかく公式を当てはめてみてまず一歩進んでみる。何とか公式を当てはめてみると展望が急にひらける場合があり、この方法は難問を解くための価値ある手法のひとつです。(一歩進む)

○問題を解く前に道具(公式)を用意する。

問題を特に当たっては、まず問題文を読んだ段階で、使えそうな公式が幾つあるか、思い返します。実は数学でも物理でも、それぞれの分野(単元)の公式の数は大した数ではありません。

通常2〜5ぐらいの公式用意し、その作業に応じてどの道具を使うか選ぶのと同じように、用意した公式から使う公式を選んでくればよいという話なのです。

目の前に2〜5ぐらいの道具(公式)をおいて、どれが使えそうかなと考えて解いてみましょう。いろいろと道具を使ってみて解いてみると、それだけで問題の難易度が変わっていることと感じるでしょう。

○未知数の数だけ方程式が必要。定数と未知数を区別する。

中学生の時はχ、y、2つの未知数がある場合、2つの方程式があれば解けるというのは簡単にわかります。しかし、高校数学でつまずく第1歩は、実はa、b、c、χ、y等の文字をすべて未知数と考えてしまうところにあります。
定数扱いの数と未知数とをはっきりと区別することが肝心です。定数扱いとなればただの数(定数)扱いです。残りが本当の未知数です。そして「未知数の数と同じだけの数の方程式が必要。」との鉄則を守って解いてください。

 

東京大学受験 家庭教師の無料体験

家庭教師、教職員、講師の紹介のみを専業とし42年の実績と自信を持って紹介いたします。
家庭教師と一緒になって勉強してくれない方への紹介は致しません。単に入学するまでの学力錬成ではなく、東京大学へ入学後も大学より求められる実力、見識をしっかりと身につけていただくためのサポートをいたします。
プライバシーの保護には留意しています

あるいは、電話(0120-110-061、03-3259-8160)へ連絡ください。

問い合わせ:東京大学受験 専門家庭教師センター

TOP