P08_2

食事

朝食は必ず摂り東大に挑戦しよう

朝、何も食べないことありませんか? 最近は、朝食を抜く人が増えているようですが、脳の働きを考えるならば、やはり朝食は重要です。朝は胃袋だけでなく脳も空腹の状態です。

脳は体重の2%の重さしかないのに、エネルギー消費量では18%も占めているとのことである。

また、脳のエネルギー源になるのは唯一ブドウ糖だけで、しかもブドウ糖はためておくことができないようです。ですから常に血液中からブドウ糖を補給しないと駄目なのです。血液中にあるブドウ糖の何と50%を脳が消費するようです。

朝起きたとき、脳はエネルギー(ブドウ糖)不足に陥っています。何も食べないと脳が働かないのは自明の理です。ブドウ糖は主に体の中で、ご飯やパン、めん類などのでんぷん質の食物からつくられ、次々と脳に送り込まれていきます。

朝食を食べた人と、食べなかった人と比較で、絵の記憶や単語の記憶力に関し、朝食を食べたグループがあきらかに優れた成績示した実験もあるようです。

また、一日の必要摂取量の約25%を朝食で取ると、計算能力や創造力が高まった研究もあり、これらのことからあきらかなように、朝食抜きは、記憶力は低下し、学習の能率も下がってしまいます。つまり、朝食をとるということは、脳のエネルギー切れを補給するために必要なもの、として理解し朝食をとるようにしてください。

どうしても、朝食がとりづらい人は果物だけでも食べてみてください。朝摂(と)る果物は「金」、昼摂(と)る果物は「銀」、夜摂(と)る果物は「銅」という。同じ食べるなら朝がよいようです。それでもダメなら、オレンジジュースがお勧めです。朝起きたらオレンジジュースを飲んでみてください。オレンジジュースで糖分を補充するとともに、オレンジジュースのビタミンが脳の活動を活発化します。ある調査では、オレンジジュースがIQを高めるという思わぬ効果があるようです。

食生活への理解なく東京大学受験の気力も体力もおぼつかない!

睡眠食事休養

東京大学受験 家庭教師の無料体験

家庭教師、教職員、講師の紹介のみを専業とし42年の実績と自信を持って紹介いたします。
家庭教師と一緒になって勉強してくれない方への紹介は致しません。単に入学するまでの学力錬成ではなく、東京大学へ入学後も大学より求められる実力、見識をしっかりと身につけていただくためのサポートをいたします。
プライバシーの保護には留意しています

あるいは、電話(0120-110-061、03-3259-8160)へ連絡ください。

問い合わせ:東京大学受験 専門家庭教師センター

TOP