無料体験のすすめ1

東京大学受験 専門家庭教師センターを運営するウェルズは首都圏を中心に家庭教師を派遣する業務に携わり、おかげさまで43年目を迎えます。近年では、全国より実績豊富な家庭教師のご要望・お問い合わせがあり、東大合格指導の体験授業をお受けいただいております。
「無料体験のすすめ」として家庭教師の利点をご理解いただこうとするものです。ご参考になさってください。

1、【繰り返されるドラマ】

毎年の受験シーズンにおいて、受験生のいらっしゃるご家庭では悲喜こもごも様々なドラマが繰り返されております。これらのドラマには、くやし涙のドラマもあるでしょうし、悲しい気持ちにさせるドラマもあります。またこのドラマの中で挫折をはじめて経験された方もおありでしょう。しかし一方では、喜びや感激のドラマもあるのです。達成感からのうれし涙を大切な人生の経験として感じられる方もあるはずです。
ところで、あなたはどんなドラマをお望みになるのでしょうか。
当然、喜び、感激、達成感によるうれし涙によるドラマですよね。そしてその結果の違いは目標を達成できたかどうかの違いによるものです。こうした受験に関するドラマで、ウェルズにおいては毎春、喜び、感激、達成感によるうれし涙のドラマを多く携わらせていただいております。

2、【ドラマ後のパターン】

そんなドラマの感想の中で、実におもしろい傾向があるのです。うれし涙のドラマ後で、気持ちが落ち着き冷静に状況を判断できるようになる頃になると、「もっと早く家庭教師を始めていれば、もっとうれしい結果になっていたのではないか?」と多くの方がまず異口同音に述べられるのです。中には「もっとはやくウェルズを見つけていたら、さらに自信を持って受験に望めたのに」との有り難い事を言っていただける方もおられ、そのお言葉に感激したことは忘れられません。これは20年前もそうでしたし、10年前も同じです。もちろんこれからも変わらないよう努力してゆくつもりでおります。

3、【ドラマ後に感じる家庭教師のよさ】

当センターでは毎春のこのうれしいパターンが繰り返されて来ましたが、これとは別に毎年感じることがあります。それは「家庭教師ってやっぱりいいよなぁ」と思えることです。そう思えてこなければ40年間も続けてこられなかったかもしれません。
これはもちろん塾・予備校を否定するものでもありません。受験生の中には塾・予備校では対応できない方や、家庭教師の方が効果的で適性がある方も実際におられことも事実であり、当センターにお声をかけていただき喜びのドラマを演じてくれた例を目の当たりにすると、改めて家庭教師の利点を感じることであります。そんな生徒さんには「家庭教師がいいですよ」、「家庭教師がありますよ」と言う意味で述べております。

4、【自分や子供にあった家庭教師を見つけるには】

では家庭教師を希望された場合、実際にはお子さんが学ぶことの喜びを感じ、本来の学力を伸ばしてくれる家庭教師をどうやって見つけたらいいのでしょう?単に広告上や電話だけでの相談だけでは見つけることは難しいと考えて間違いはないと思います。
いろいろな探し方があると思いますが、要は契約を結ぶ前に、実際にその家庭教師の指導を受けた上で、指導力・教えることに対する適性や人格などを確認し決めて、安心したいというのが親御さんの率直な心情だと思います。
でもそのようなことはなかなか難しいですよね。


TOP